【NFT必須!】仮想通貨Polygon(ポリゴン/MATIC)の特徴と使い方

当ページのリンクには広告が含まれています。
心配マン

Polygon(MATIC)ってさ、どんな仮想通貨なの?

とっと

Polygonはイーサリアムを手助けするために作られた仮想通貨なんだ。

Polygon(MATIC)って最近よく聞くけど、これってどんな仮想通貨?将来性は?

こんな疑問を持っている方、多いんじゃないでしょうか?

・NFTゲームによく使われているMATICって何?
・Polygon(MATIC)ってどこで買えるの?将来性あるの?

 

仮想通貨Polygon(MATIC)は、イーサリアムの処理速度の遅さやガス代の高さの問題を解消するために作られたレイヤー2チェーンです。

【ガス代が安い=消費電力量が少ない】 地球環境にやさしいプラットフォームなんです。

 

そんなMATICが利用されているNFTゲームは

キャプテン翼-RIVALS-
・CRYPT BUSTERS
・元素騎士オンライン

NFTをMATICで購入してゲームに参加可能! 

本記事では、Polygon(MATIC)について詳しく解説していきます。

本記事でわかること
  • Polygon(MATIC)の概要と特徴
  • Polygon(MATIC)が関わるNFTゲーム
  • Polygon(MATIC)が買える取引所
  • Polygon(MATIC)の買い方
  • Polygon(MATIC)の将来性

 

MATICはコインチェックで購入可能!!国内取引所で入手できるんです。

 

\MATICを買ってNFTゲームに参戦/

目次

Polygon(MATIC)とは?

Polygon(MATIC)は、イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決するために作られたプロジェクトです。

イーサリアムのブロックチェーンはNFTマーケットやDefiなどに利用されていますが、その利用が拡大するにつれて、

処理数が増え、ガス代(手数料)も増加する問題が・・・

Polygon(MATIC)はそんな問題解決のために作られたんです。

 

トークンであるMATICの概要は以下の通りです。

項 目内 容
通貨名MATIC
時価総額ランキング13位
時価総額1兆1,700億
販売価格126.31円
NFT販売量128億円以上
総取引量24億4,000万以上
公式サイトhttps://polygon.technology/
Polygon(MATIC)の概要

 

Polygon(MATIC)の主な特徴は以下です。

Polygon(MATIC)の主な特徴
  • イーサリアムのレイヤー2トークン
  • 処理速度が速くガス代が安価
  • PoS(プルーフオブステーク)アルゴリズムを採用
  • Polygonチェーンとイーサリアムチェーンの2種類が存在

イーサリアムのレイヤー2ソリューション

イーサリアムブロックチェーンにおける処理量の増加、それに伴うガス代の高騰を解決するため、

イーサリアムのレイヤー2として、ブロックチェーンを利用せず高速で取引が可能になったんです。

イーサリアムが各駅停車だったので、特急列車であるPolygonが作られたという感じです。

処理速度が速くガス代が安価

特急電車であるPolygonはイーサリアムに比べ、非常に高速で取引を処理できます。

イーサリアムの取引処理は毎秒15〜25件に対し、Polygonは毎秒65,000件処理可能。圧倒的!

当然、処理速度が速いのでかかる手数料もイーサリアムより安い。

処理が早い=消費電力が少ない=地球環境にやさしい温暖化防止に効果的なプロジェクトなんです。

PoS(プルーフオブステーク)を採用

MATICはブロックチェーンの承認処理のアルゴリズムに、PoS(プルーフオブステーク)を採用しています。

ビットコインはPoW(プルーフオブワーク)が使われており、非常に高性能なPCが必要で消費電力も高く、地球環境への影響など問題視されました。

PoSを採用することで、高性能なPCが不要で処理も高速できるため地球環境にもやさしい取引が可能なんです。

Polygonチェーンとイーサリアムチェーンの2種類が存在

MATICには2種類のチェーンが存在します。

MATICのチェーン
  • Polygonチェーン(NFTゲーム等の決済)
  • イーサリアムチェーン(DEXなどのトークンスワップ)

仮想通貨取引所によって同じMATICでもチェーンが異なります。注意しましょう。

Polygon(MATIC)の将来性

Polygonが様々なシーンで利用されていけば、トークンの価値も上昇するでしょう。

トークンの価値が上がっていくには以下の点で盛り上がっていく必要がありますね。

Polygonの将来性
  • NFTゲームへの採用増加
  • 大手企業とのコラボレーション拡大
  • dAppsの拡大

NFTゲームへの採用増加

現在、Polygon(MATIC)が利用されているNFTゲームは以下があります。

キャプテン翼-RIVALS-
・CRYPT BUSTERS
・元素騎士オンライン

2023年11月14日にキャプテン翼コインであるTSUGTがビットポイントに上場されましたが、

このキャプテン翼-RIVALS-というゲームのNFT購入にMATICが使われています。

こういったビッグタイトルとのコラボが増えると、今後の価値上昇が期待されますね。

大手企業とのコラボレーション拡大

大手企業がPolygonを利用するケースも増えてきています。

米コーヒーチェーン大手のスターバックスがWeb3体験「Starbucks Odyssey」を提供することを発表しました。

NFTのデジタルスタンプを貯めると、飲み物の作り方を学べるバーチャル教室に参加したり、限定グッズを入手したり、アーティストとのコラボレーションに参加したりできるんです。

 

スタバの他にも、NIKEもコラボを発表したりしています。

NIKEもweb3プラットフォーム「.SWOOSH」の立ち上げを発表!

ユーザーはゲームなどで着用できるバーチャルなデジタルのシューズやジャージ、アクセサリーが収集できたり、実際に着用できるフィジカルな製品の入手や、アスリートやデザイナーと会話できるイベント参加特典もあります。

最初のNFTスニーカーコレクション「Our Force 1(OF1)」をエアフォース1が発売された年にちなんで、19.82ドル(約2,787円)で販売した。

アクセスが集中したりと大人気!こんなコラボが続けばPolygonが盛り上がること間違いなし!

dAppsの拡大

OpenSeaやUniswapをはじめとした有名で取扱高も多いdAppsに利用されています。

今後も様々なマーケットプレイスなどへ展開していくと成長が見込めます。

OpenSeaもイーサリアムチェーンだけから、Polygonチェーンも採用しマルチチェーン対応になりました。

こんな活用が広がることに期待です!

Polygon(MATIC)はここで買える?!

Polygon(MATIC)が購入できる日本の仮想通貨取引所は以下の二つ

Polygon(MATIC)が買える仮想通貨取引所

BITPOINT(ビットポイント)

ビットポイント紹介

ビットポイントSBIホールディングス株式会社(東証プライム市場上場)のグループ会社で、

日本初暗号資産取扱数No.1の安心して利用できる暗号資産取引所です。
※金融庁「暗号資産交換業者登録一覧」をもとに自社調査 2021年

項 目 
設立2016年3月
取扱銘柄数21銘柄
取引手数料無料
現物取引以外のサービスつみたて
貸して増やす(レンディング)
ステーキング
スマホアプリ◎(iOS,Android)
【ビットポイント 特徴】

MATICは販売所で購入
販売所:買い価格127.39円 売り価格115.75円(2023年11月21日現在)

 

\MATICでNFTゲームができる/

キャプテン翼コインもあるよ

Coincheck(コインチェック)

コインチェック

コインチェック大手証券会社マネックスグループの仮想通貨取引所です。

アプリダウンロード数No.1※1取扱銘柄数も国内最大級※2と日本を代表する仮想通貨取引所です。

NFTマーケットプレイスやIEO取組み、電気・ガスの販売など多様なサービス提供も特徴です。

※1 対象:国内の暗号資産取引アプリ、期間:2019年〜2021年、データ協力:AppTweak                      
※2 2022年5月金融庁暗号資産交換業者登録対象、自社調べ

項 目コインチェック 
設立2012年8月
取扱銘柄数23銘柄
取引所手数料無料
現物取引以外のサービスNFTマーケットプレイス
IEO
貸暗号資産サービス
ステーキングサービス
つみたてサービス
電気・ガス販売
スマホアプリ◎(iOS,Android)
【コインチェック 特徴】

【MATICは販売所で購入】
買い価格127.83円 売り価格115.53円(2023年11月21日現在)

 

\MATICでNFTゲームができる/

Polygon(MATIC)の買い方

MATICはコインチェックに上場済みです。

コインチェックで無料口座開設すると、簡単に購入できます。

MATICの購入 簡単3ステップ
  • コインチェックで無料口座開設する
  • ログインして購入資金を入金する
  • 販売所からMATICを購入する

STEP
コインチェックで口座開設する

まずはこちらから公式HPへアクセスし、無料口座開設の手続きを進めます。

 

公式HPへアクセスできたら、手順に従って口座開設手続きを進めるだけです。

情報入力と本人確認書類のアップロードのみ。最短翌日には取引が開始できます。

 

詳しい手順はこちらの記事を参照ください。

STEP
ログインして購入資金を入金する

口座開設が完了したら、コインチェックのHPへアクセスしログインしましょう。

手順は以下の通り。

入金手順の4ステップ
  • 日本円の入金タブをクリック
  • 日本円入金方法を選択(銀行振込、コンビニ入金、クイック入金)
  • 入金額を入力
  • お支払い情報を発行をクリック

4ステップ終わったら、最後に入金額や入金方法を確認して手続き完了です。

STEP
販売所からMATICを購入する

MATIC購入の4ステップ
  • 販売所(購入)をクリック
  • MATICを選択
  • 購入数量を入力
  • 購入するをクリック

これで晴れてあなたのウォレットにMATICが!あとは値上がりを待ちましょう。

Q&A

Polygon(MATIC)はどこで買えますか?

日本の仮想通貨取引所では、コインチェックビットポイントで買えます。

MATICの最低価格と最高価格はいくらですか?

最低価格は0.345円(2019/5)、最高価格は334円(2021/12) その差約968倍!

NFTと関係性があるトークンですか?

NFTゲームに利用されています。ゲーム内トークンとしてNFT購入に利用します。

まとめ

Polygonはイーサリアムが抱える課題を解決する、地球環境にもやさしいプロジェクトです。

日本の大手仮想通貨取引所である、コインチェックビットポイントでも上場されており期待の暗号資産です。

MATICトークンはキャプテン翼-RIVALS-のNFT購入トークンとしても活用されています。

さあ、キャプテン翼の推しキャラクターをMATICで購入してみませんか??

 

今後NFTゲームが増えていくにつれ、MATICも利用が拡大されると思います。

今のうちに少しずつPolygon(MATIC)に慣れておきませんか?

\MATICでNFTゲームができる/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次